ナレッジマスターの資産100倍研究室 〜株式投資・投資信託・日経225先物・FX運用〜

個別株・日経225先物・FXトレーダー、FPのナレッジマスターによる資産100倍を目指すブログです。

システムトレードの型についての考察

株式投資システムトレードを行う場合には運用するプログラム、いわゆるストラテジーが必要になります。

 

そのストラテジーには型というものがあり、概ね決まっています。

 

例えば短期売買でしたら寄り引けストラテジー、朝の寄り付きで仕掛けて後場大引で手仕舞うもの、引け寄りストラテジーでしたら後場大引で仕掛けて翌朝の寄り付きで手仕舞うものなどがあります。

 

また、大暴落型ストラテジーでしたら全体相場の大暴落に合わせてシグナルが発生するストラテジーです。

 

有効なストラテジーを組むためにはこの全体相場の攻略が肝となります。

 

全体相場の判断には例えば日経225、CME225や米国ダウを使用したりしています。

この全体相場は大きく動いたり、優位性のある場面で個別銘柄を仕掛けすシグナルが出てくるのです。

 

また、詳細のストラテジーの考察は追々書いていきたいと思います。